Yggdrasil Seeds : Software Works : (豪適当)PAT editor for Win95 : Wave ページ
PV[204820]

Wave ページ





波形表示領域
灰色の横線サンプル値 0 のライン
灰色の縦線ヴューカーソル…といっても特に意味なし
紫色の縦線ループ始点。逆再生時は終点となる
空色の縦線ループ終点。逆再生時は始点となる
黄色の縦線波形の終端。これ以後のサンプルは保存時に切除されるが、開いている間は残る
スクロールバー表示基準位置を移動する。このとき L.Begin,L.End,Limitのどれかがチェックされていると対象のポイントも変化する。点滅中であれば以下のキーでも操作可能
←→:1サンプル毎
↑↓:1/16サンプル毎(L.Begin,L.Endチェック時)
Shift+←→:1画面毎
Ctrl+←→:1/4画面毎
Alt+←→:1秒毎
その他A.View,L.View のどちらもチェックされていないときに波形表示領域をクリックするとその位置が表示基準位置となる。このとき L.Begin,L.End,Limitのどれかがチェックされていると対象のポイントも変化する
ステータス
Size波形のサンプル数
Posヴューカーソル位置
Value表示基準位置(中心)のサンプル値
Rate波形のサンプルレート
フラグ類
Loopループを有効にする
Turnループ時に始点と終点を往復させる
Reverse逆再生する
(注)前版でダメっぽいこと書きましたが実はちゃんとできてました^^;
16bit1サンプルにつき2バイト使っていることを示す,変更不可
Unsignedサンプルデータ形式が符号なしであることを示す,変更不可
表示形態
A.View波形全体を1画面に表示
L.Viewループのつながり部分を表示
右上のボタン波形表示の倍率を変更する
ポイント変更関連
L.Beginループ始点を表示基準位置に連動させる
L.Endループ終点を表示基準位置に連動させる
Limit波形終端位置を表示基準位置に連動させる
その他
L.LevelL.End地点でのサンプル倍率(1024=1.0倍)。L.Begin~L.End~Limit 間で1.0倍~L.Level~1.0倍と線形補間される。減衰する波形をループさせるときの補正用に
(注)この値は保存時に反映され、その後1024に戻ります。この時点で書き換わった波形は元に戻せません


Prev Index Next